2014年6月16日月曜日

簡易リフトの禁止事項と安全対策

簡易リフトを安全に使用するためには禁止事項を守り、安全対策をする必要があります。

1、人は乗ってはいけません。

簡易リフトは荷物専用です。人が乗ってはいけないことは法律でも定められています。

2、昇降路・安全柵などの安全囲い

動いているときに人が近づくと衝突事故や挟まり事故の原因となります。
このような事故を防ぐために昇降路(簡易リフト周りの囲い)を設けましょう。

↓昇降路を設けた簡易リフト↓

3、安全装置

当社の簡易リフトは安全のために「ドアリミットスイッチ」「リミットスイッチ」「ファイナルリミットスイッチ」「ドアロック」「落下防止装置」等が必須となっています。

リミットスイッチ

ファイルリミットスイッチ

 ドアロック

落下防止装置

4、安全ステッカーを貼る

「人が乗るのは禁止」「積載はこの重さまで」といったステッカーを貼り付けて、使用者に注意を促します。


5、メンテナンス・保守点検

簡易リフトも含め、エレベーター等、昇降機に使われている部品は消耗品です。
定期的にチェックして不具合が発生した時点で交換をしていないと突然破損するおそれがあります。

不具合を早期発見することで事故を未然に防ぐことができます。